ブログ

記事一覧

だから、左翼さんはどっちの国益が大切なんですか?

政府は、7月4日午前0時に、韓国への輸出規制強化策の第一弾を発動しました。
半導体などの材料3品目(レジスト、フッ化水素、フッ化ポリイミド)を対象に、輸出許可の
手続きを厳密にするのです。

これに韓国側は徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁判決への
「明白な経済報復、国際法違反であり、撤回しなければ相応の措置を必ず取る」とのこと。
対して政府自民党は「韓国との信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっていると
判断し、厳格な制度の運用を行い、万全を期すこと」と。

まぁ、ぶっちゃけ国家間の約束を守らないから「信頼関係」が無くなったのは当然です。
なのに、レーダー照射の時と同じで、自分たちがルールや約束を守らないで、そこを指摘されと
論点をずらして揚げ足を取りの逆ギレと言う”ヤクザ手法”は韓国のお家芸なんですね。

だから、今回の政府の判断は妥当で、むしろ遅いくらいです。
また、第二弾として輸出先として信頼できる国を指定する「ホワイト国」(現在27カ国)から、
韓国を外す手続きに着手していて、早ければ8月中旬にも外す見通しと報じられてもいます。

「素晴らしい!」の一言です。

がしかし、日本には(しかも政治家や元政治家)「どうして対韓国になると、
感情的と思える反発を続けるのでしょうか。」と、何をトチ狂った事を言う輩が居るのでしょうか?
この輩は”小宮山洋子さん”と言う元民主党議員で厚生大臣までになった人です。
元だろうが政治家、しかも大臣ともなると日本の国益が一番に考えるのが当然です。
しかも、「隣国の韓国と争って、誰も得をしないと思います。」とも言っております。

あたくし、「ちょ、待てよ」と”キムタク”ばりに叫んでしまいますよ。
何時も感情的になっているのはどっちなのでしょうか?しかも、ありもしないことを勝手に
作り「ファンタジー」の域までいってるのに。(笑)
で、このような輩どもが好きな言葉が「隣国なので」です。あたくし何度も言っていますが、
お隣さんやご近所さんだからと、はた迷惑な輩と無理して付き合うことはないんですね。
つーか、そんな輩が隣近所に居たとしたら、昔なら「村八分」になっていますよ。

で、この”小宮山さん”は最後に「何とか対話で解決する方法を探るべきだと考えます。」と。
対話にならないからこうなったんだろうがー!!

まぁ、いずれにせよ日本政府と言うか、日本が一丸となってこの機会に徹底的に制裁?
を加えた方がよろしいかと。。。。。

追記 お互いに徹底的にやり合った方が、その後に信頼関係が出来そうですよね。あまり”夏”を実感できてないのに、何やら夏のイベントだけはそこかしこで行われています。
しかも、いつの間にか予定だらけになってしまい「えっ!?それって昨日だったの?」と言う始末。
もう少しだけ余裕を持ちます。。。。。
先週の「まるふじ料理教室」のラジオがアップされました!!

日本人としての誇りが湧いてくる感動実話

「致知出版社の人間力メルマガ」から以下の話です。
”白駒妃登美”さんと言う歴女の方が紹介してくれています。

かつて吉田茂首相は「スリランカへの恩を、日本人は未来永劫伝えなければならい」と口に
したといいますが、その日本とスリランカの関係をいまどれだけの人が知っているでしょうか。
と言う文章から始まります。(吉田茂首相は麻生太郎財務大臣の祖父ですね)

では、
「いまから71年前に終戦を迎えた日本は、昭和26年に締結されたサンフランシスコ講和条約に
よって主権を取り戻しました。しかし、約6年にわたるGHQ(連合国総司令部)の占領下に
置かれた日本は、様々な統制のもとで贖罪意識を植えつけられ、その後遺症はいまも
引き摺っていると言えるでしょう。

昭和30年にインドネシアのバンドンで開かれたアジア・アフリカ会議においても、
その影響は顕著でした。なぜなら、そのような国際会議に出ようものなら袋叩きに遭うだろうと
恐れた日本側は、代表を派遣することを躊躇し、会議当日もぎりぎりまで会場に足を
踏み入れようとしなかったのです。

ところが、どうでしょう。意を決して日本代表が会場に入ると、会場を埋めた各国代表が
スタンディングオベーションで迎えてくれるではありませんか。

確かに日本が戦争を行ったことで、傷ついた人々がいたことは事実です。その半面、
日本が米英を相手に立ち上がったから、独立を果たせたと考え、日本に感謝してくれている
人たちも多くいたことを、この歴史の一場面は物語っています。

ではサンフランシスコ講和会議はどうだったのかというと、連合国側の思惑が錯綜し、
例えばソ連が日本の分割統治を要求するなど、日本に対していかなる制裁措置を取るかで
議論は紛糾しました。そのような中、会議の流れを一変させる演説が行われたのです。

「憎悪は憎悪によって消え去るものではなく、ただ慈悲によって消え去るものである」

スリランカ代表のジャヤワルダナ氏は、仏陀の言葉を引用して国家間の礼節と寛容を
説いた上で、次のように言葉を続けました。

「アジアの諸国民が日本は自由でなければならないということに関心をもっているのは
何故でありましょうか。

それは日本とわれわれの長年の関係のためであり、そしてまた、アジアの諸国民の中で
日本だけが強力で自由であり、日本を保護者にして盟友として見上げていた時に、
アジアの諸国民が日本に対して抱いていた高い尊敬のためであります」。

長年西洋諸国に虐げられてきたアジアの民にとって、大国ロシアを破り独立を守った
日本は希望の星だったのです。

そしてジャヤワルダナ氏は、スリランカが一切の対日賠償請求権を放棄することを明言。
演説が終わると、賞賛の声の嵐で会場の窓のガラスが割れるほどだったそうです。

これによって日本は特別な制裁を受けることなく、今日の平和を享受することができたのです。」
ここまで。

皆さんいかがでしたか?確かに戦争は悲惨で起ってはいけないことです。
ただ、今でもそうですが「アジアの人たちに先の戦争で多大なる迷惑を掛けたので
日本を嫌ってる!」などと主張しているのは、”チャイナと南北朝鮮”くらいです。
殆どの国は、このスリランカ代表の”ジャヤワルダナ氏”の意見なんですね。

だからと言って戦争を肯定する気はありませんし、してはいけません。
ただ、戦後教育で日本国民自身が今でも「日本は悪いことをした。だから、どんなに
”チャイナや韓国”が無理難題のウソを付いても謝ってお金を出すんだな。」などと
思われてはたまりませんからね。

その辺は戦後長らく政権を担ってきた”自民党”はもちろん、左翼野党政治家たちの完全な
怠慢だし、国賊と言っても構わないと思いますよ。。。。。

追記 えっと・・・・・、夏来ない感じですかね。。。。。と言うことで、”竜次”を連れて明日は”三千里”へ行きます。
毎回、何がしかの反省や発見があるので楽しみです。
ファイル 3487-1.jpg
ファイル 3487-2.jpg”一条まるふじ”のテイクアウトBOXが出来ました!!これで、ビアガーデン等への
おつまみにも対応できます!
昨日、深夜にラジオで掛かり「懐かしいな~」と思ったので。

まだまだですけど・・・・・。

あたくしは、人のプラス面よりもマイナス面を見る傾向が強いです。
肯定論よりも否定論者です。それは自分自身についてもで、あたくしが小心者
だからだと思いますし、何よりも知恵や知識が足りないくせに負けず嫌いだからです。
なのに、人を否定することで自分自身の優位さを求めるのだと思います。
我ながら本当に愚かな人間だと思うのです。

経験があってもそれを活かす知恵や知識がないと言うことは悲惨です。
下手な体験や経験は人に猜疑心を持たせて、他人を見下すようにもなります。

で、ここまで最低なあたくしのことを書くと「よく、皆スタッフたちは付いて行ってるよね?」と
宇宙の神秘を解明するくらいの疑問にぶち当たると思います。
はい、あたくしもそう思いますよ。(オイッ!)

きっと、当たり前ですけど誰よりも真剣に会社と皆のことを常に考えているかだと思います。
それ以上でもそれ以下でもありません。

だから、厳しいこと、時には暴言や”おててやお足”が出ても何とか綱渡りのごとく
かなり危ういですけど、やって来れたんだと思います。自分自身優しいとか思いやりが
あるとか無いとかはイマイチ分りません。ただ、こんな一歩間違えれば精神に支障を
きたしているか、情緒不安定で多重人格者(言いすぎだぞ!!)のようなあたくしと一緒に
仕事をしてくれるのはとてもありがたく感じています。

なので、何を隠そうこの頃のあたくしは(実は今からですけど)、寛容さを意識して行きますよ!!
あっ、こんなことを20数年来繰り返して、後悔→反省の日々でした!!(ダメだこりぁ)

追記 人の悪い所を見てしまうのは、もう仕方ないので、その分倍の良い所も見るように
心がけます。
と言うことで、あまり天気は良くないですがせっかくの7月初めの金曜日でもありますので、
楽しみましょうね。

本当にバカですね。

立憲民主党は7月21日投開票の参院選に向けた公約で、5年以内に最低賃金1300円への
引き上げと消費税10%の凍結などを掲げているとのこと。

消費税10%凍結は分ります。が、そもそもこの輩たちが消費税増税を民主党政権の時に
言い出したことですが、今回の参議院選挙では「暮らしの安心を取り戻す」などと
言っていますが、きっとあの”悪夢”の民主党政権が続いていれば2度の延期はせずに
とっとと消費税を10%にしていたでしょうね。

解せないのは「アルバイトの最低賃金を1300円」に引き上げるとのたまっていること。
バカなんですかコイツ等は?一見、パート・アルバイトと言う正社員から見ると弱者的な
輩を守っているように見えますが、あたくしから言わせると、「お前ら、全く分ってネーよ!」と。

このような偽善(ぎぜん)を行うのが好きなのが左翼なんですよね。
現在、日本の共産党や社民党(旧社会党だけど、面倒だから社会党に戻せよ!)のような
社会主義や共産主義を目指すような政党が、このようなバカげたことを抜かすんですよね。
まぁ、立憲民主党(旧民主党)も殆ど変りませんけど。

お隣の韓国などはその最たるもので、北朝鮮大好きな政権ですからね。(笑)
だから、最低賃金を引き上げに引き上げて中小零細企業は人を雇えなくなり、
結果、若者の失業率を上げてしまいました。一体何をしたいのでしょうか?
百歩譲って、日本のバブル期のような時代ならまだしも、体力のない経済力なので、
かえって失業→不景気になってしまいました。

で、この度野党は「5年以内に最低賃金1300円を引き上げる」を公約に掲げるコイツ等って
どこまでポンコツなのでしょうか?

あのねぇ、体力のない(きっと8割は赤字)中小零細企業は人を雇えなくなり、
結果、生産性も下がり元々いる従業員にシワ寄せがいくし、また、業績が悪化して
倒産になれば家族が路頭に迷う。その辺を真面目に考えているのか!?と。

大体において「働き方改革」やらもそうだけど、そこそこの会社が「時給」を決めれば
いいんじゃネーの?高くしたいのならばすればいいし、したくなかればしなくていい。
何で、人様の台所に土足で踏み込んで来るんでしょうか?まぁ、与党自民の中でも
賛成する輩もいるみたいですけど。

「国民の生活を守る!」って、お前らも消費税を10%に上げようとする”自民党”も
目くそ鼻くそなんだよ。

バ~カ!!

追記 と言うことで、昨日で”とり天狗二周年”が終りました!
沢山の皆さん方に来て頂きありがとうございました!!
スタッフ一度、「マンモスうれピー」です!!(ハァ?)

物事は単純なもので。

はい、今日は7月3日水曜日!!
と言うことは、皆さん先月一年を迎えた「トップギア!!生」の日ですね。
本日は、”一条まるふじ”の持ち込み企画で「経田の簡単、分りやすいお料理教室」を
7月15日に行うと言うことで、その宣伝とどんな感じなのかをあたくしと”ちっき”を交えて
実演を行う予定です。因みに、今回のお料理教室のサブタイトルは「主婦しか見えない
お料理教室」だそうです。(笑)

少し長くなりましたが本題です。
お店にお客さんが来る店とそうでない店は何が違うのか?と言えば、
答えは・・・・・、「会いたい人がいる」・・・・・です。
「?????」マークがつていますか?(笑)
いえ、いえ、ここは単純明快の中の単純明快なんです!

これは別にお店だけではなく、どのパターンでも同じです。
確かに、300席、500席のビアホールの様なお店では業態やシステムも重要ですが、
それでも基本は変わりません。

では、「会いたい人ってどうすればいいんだ?」「会いたい人ってどうしたら集まるんだ?」と。
そうですよ。そんな急に言われてもどうしていいか分らないし、どうしたら集まるでしょうかね。

・・・・・。
そんな他人任せな考え、あたくし好きです。
あたくしもそうだから。(マジです)

自分でやろうとしないから、どうしていいか分らなくなるし、いつ集まるか分らない人を期待して
沢山の募集費を掛けてしまうんですね。
ほら、そこに居るじゃないですか?しかも、募集費も今以上の人件費も掛からない人が!!

自分しかいないですよね。
どうするか?明るい声と表情で一所懸命にお客さんとスタッフに接すること。

これだけ。(笑)
あとは、周りに「あの人が居るとお店が明るくなるし、お客さんも寄ってくるよな~」と言う人の
真似をすること。

明るい声と表情は最初は心からではなくとも、一ヶ月、三ヶ月、半年と続けていくと、
きっと「人から好かれる」実感が湧き心からの声や表情になりますよ。(笑)

あたくしも、もし一人で喫茶店&ちょい飲みの出来るお店を”マスター”としてやるとしたら、
それを実践しますね。あたくしの、猜疑心の塊の醜い心を豊かにしてくれるし、
しかも、人件費も掛からないから。(笑)

追記 その内、挽きたての香りのコーヒーとカレーの香りのするお店に来ませんか?その内って言葉ほど信頼性のないものはナシ!!(言ったのお前だろ!!)

どんどん任せて見る。

昨日の”トップギア!!”も書きましたが、建設・建築業の時は今のようにやりがいは感じ
無かったのが正直な感想です。それは、そこの会社や仕事内容が悪いのではなく、
あたくし自身が、初めての社会人での仕事と、あまり考えていなかったからだと思います。

確かに、場所場所で打ち込んでいる時は責任感で一所懸命にはやっていましたが、
それが「やりがいか?」と言えばそうではなく、周りに迷惑を掛けないように、自分自身に
負けないように、仕事だから。と言う感じでした。

ただ、唯一、仕事を少しずつ覚えていき上達して行くと先輩たちから可愛がられ、
飲みにも連れて行ってもらうようになると、「俺も仲間に入れてもらったのかな?」と言う
安心感と嬉しさはありましたので、その辺で一所懸命でしたね。

今からすると、もっと自分から「どうしたらもっと効率よく、上手く出来るか?」と
工夫や努力をして、積極的に上司や先輩や同期と仕事を進めていけば違ったかも知れません。

そう思うと、仕事は新しく入った人(年齢関係なく)や若い子にどんどんと任せる方が
「やる気とやりがい」を持つし、確実に成長します。

あたくしも、店長になったのが半年程してからでした。当時、入って間もなくの会議で”社長”が
「一年で10店舗作る!」と宣言し、文字通り”有言実行”だったので経験者を募集して、
などと言ってる暇はなく、少しでも勢いのある(決して有能ではなく)スタッフたちが
店舗責任者になりました。でも、その前にもほとんど未経験者のあたくしに調理を任せて
くれたり(とは言っても、チョコ盛りやオムライスなどだけど)、入れ替えでお客さんを
入れる時に「おう!いいね!それで行こう!」と、ペイペイの意見でも聞いてくれました。
俄然、やる気が起きましたし”燃えます”。(笑)

で、当時会社で店舗数と同時に人も多くなったてきたので社訓と使命感と中長期計画?
なるものを作りました。あたくしは中長期計画なるものには全く興味はなく、
それよりも、今を燃えるような仕事をしたく(実際にしていたので)
”使命感”を作る時にあたくしが提案した「あふれる感動を、燃えたぎる心で伝える」と言うのが、
採用されました。また、後に出来た”社訓”では「存在感謝・自己革新」と言う、これまた
何だかいい感じのも出来ました。(その表現よ)

単に、「あれをしとけ、これをしとけ」とか「バイトだから。入ったばかりだから。」と勝手に
仕事を限定するのではなく、大体の基本が出来たら”任せて”そして”燃えさせる”ことです。

しかし、任せて責任感を持たせるだけで終わらせないで”使命感”まで持って行くと本当の
仕事の楽しさや会社や店に対して「やりがい」を感じてどんどん成長して行くのだと思います。

それには仕事ぷりを見て上げて、誉める所は褒めて、自信を付けてもらい、
そして仲間として親しく話し掛けて、飲食を共にし、夢を語るのがいいですね。。。。。

追記 なので、あたくしがあまりグダグダと口を挟まない方がいいんですよね。えっ!?「そうだね」と、そんなに頷く人いるんかい!!(笑)
ファイル 3483-1.jpg”優”、目立てば良いと言うもんじゃないぞ。(笑)
ファイル 3483-2.jpg”店長”になると、急にドヤ顔になりやがって!!(笑)
”とり天狗二周年”は3日(水)までやっていますよ!外ではテイクアウトも!!
昨日は”西中”の集まりは相変わらず盛り上がりました!!生まれて半世紀以上も経ち、
その中で、途中空きましたがトータルすると40年以上の付き合い。
これからも元気でいて、少しでもまた皆と集まり続けたいと思います。。。。。

2019年、7月の雑感・・・・・。

ここ最近、”ゲーリー・クーパー”が咳と一緒に続いております。
ファイル 3482-8.jpgこれは、「お酒を控えなさい」と言う何かの暗示だと思いますので、今日と明日と明後日で
少し控えて行きます。きっと、控えて行きます。多分、控えて行きます・・・・・。

では、本題です!
そう、7月1日の月曜日は異動初日&”とり天狗二周年”なので何か気合の入った”トップギア!!”
にしようかと思いましたが、幾つか短い話題があったので”雑感”になりました。(笑)

「元スタッフ」
”欽ちゃん本店”でアルバイトしていて、昨年石垣島へ行った”あやか”から↓
ファイル 3482-1.jpg甘くて美味しいスナックパインが届きました!昨年は働いていたお礼で届きましたが、
今年は「異動」のHPを見て送ってくれたとのこと。
ファイル 3482-2.jpgはい、こちらは”欽ちゃん支店”の元スタッフで現在は東京で看護師をやっている”マサ”から。
”支店”時代の店長の”優”がこの度移動するとのことでわざわざ駆けつけてくれました。
二人とも”優”の部下ですね。また、このように辞めてからもちゃんと繋がっているのって
本当に嬉しいです。「”丸か”をやっていて良かったな~」としみじみ思います。

「箸」
ファイル 3482-3.jpgあたくし「ほっともっと」には、一度行くと集中します。連続2、3日はざらですし、
昼・夜と行く時もあります。で、あたくしは家や店で食べる時はコンビニ弁当でも
「箸は要りません」と言います。しかし、ここは必ず入っております。
人の話を聞いていないのか?習慣的に入れるのか?は分りませんけど、
経営者としては一日の三分の一のお客さんに箸を付けないで済んだら、一月、一年、
そして全店舗でそうなればかなりのコストダウンになると思います。
また、地球規模でもゴミ問題や資源を無駄にしないで済むのかな~などと、ガラにもなく
思うんですよね・・・・・。

「現場」
ファイル 3482-4.jpg事務所近くで工事現場があります。まぁ、別段普通の現場ですが、やはり
経験者としては気になるものです。
ファイル 3482-5.jpg翌日も同じ道を通ると・・・・・、そうなんです!こんなにも進むんです現場は。(笑)
そして「なら、次はスラブを上げるのは00日位かな~」と、工事の進捗をついつい考えて
しまいます。既に工事現場を離れて30年以上も経ち、当時は仕事の楽しさなんか
分らないで、いつ辞めようか?と思っていました。辞めた時にはこうして現場のことなんか
思い出すなんて思ってもいませんでしたが、今となっては懐かしく良い経験をしました。
でも、若い時の体験って染みついているんですね~。(笑)

「ラスト」
ファイル 3482-6.jpg先日の”トップギア!!”でも書きましたが「国竹タオル」さんが閉店します。
なので、久し振りにタオルを買ってきました。これからの季節にはもってこいのガーゼタオル。
店内でお会計をしている間、周りを見るとあれだけ所狭しとタオル類があったのに、
もう2割、3割ほどしかありませんでした。その中でも、最後の最後まで今までと変わらない
仕事をしている女性二人に「ご苦労様です」と言って、お店の外でお見送りをしていた
店主の方にも「ご苦労様です」と言ってきました。

物事には必ず終わりが来ます。
残念で寂しいですが、永遠はありません。むしろ、それが人類が出来てからの自然の
営みですから。しかし、「スタート」は皆、ウキウキ・ワクワクして希望に満ちています。
しかし、「ラスト」は、やはり寂しい・・・・・。
あたしも、何度もお店の閉店に立ち会いましたが、やはり寂しい。
悲壮感で終わる場合もありますし、最後の最後まで今までと変わらないように
振る舞っている場合もあります。それは、今日で最後と言うのを受け入れたくない、
認めたくはないと言う感情や、最後までいつも通りにやろう!と言う思いもあります。

「国竹タオル」さんは後者の方でした。きっと、気にして来た方は「あれ?案外と皆元気
だよな」と思うでしょう。初めて来た方は「何だか寂しい店内だな」と悲壮感の無いスタッフさん
の態度を見て「閉店」などと思わないでしょう。

物事終りは、本当の最後ではなく、一つの区切りです。
新しく生まれる切っ掛けです。そう思うと、「ラスト」も堂々と最後まで頑張れるんじゃ
ないのでしょうかね。それは、お店だけではなく”スタッフ”の「ラスト」も同じですよね。。。。。

と言うことで、”とり天狗二周年!!”お待ちしていますね~!!(短くネッ!?)

追記 先日、「国竹タオル」さんのことを書いたその日に女性二人
(きっと、さっきの方達)が送別会として2名で”てまひま”に予約を入れてくれました。
もちろん、あたくしの”トップギア!!”を見わ訳ではありません。
もしかして、以前に来ていたのかも知れないし、たまたまなのかは知れませんが、
あたくしたちも精一杯に労いの思いを込めて送別して行きます!そして、帰り際に
心を込めて「長い間、お疲れ様です。」と言います。
ファイル 3482-7.jpg
今日は久しぶりに”西芦別中学”の同級生と集まります!
いいもんですね、同級生って・・・・・。

7月から。

今日で”てまひまの龍之介”が上がり、7月から”とり天狗の店長”として行きます。
そして”欽ちゃん両店の料理長のイッシー”は7月から”店長兼料理長”に就任します。
また、”欽ちゃん両店”を見ていた”優”が7月から”てまひま”も含めた3店舗のマネージャーと
なり、今以上に活躍が期待されます。

”龍之介”は、この約4年間様々な経験をしました。一度は”店長”になりましたが、
自分の力の無さを痛感し、自ら”主任”としてやる勇気を持ちました。
そして、またこうしてチャンスが巡って来たので、どうにか「あの時の」経験を活かせる
仕事をして欲しいと期待しています!

”イッシー”は”欽ちゃん”一筋で約10年。”欽ちゃん両店”の店長を経て”料理長”に就き、
この度、店長職も同時に担うことになりました。久々に直接の部下を持ち業績にも責任を
持つことになります。「やっぱり、店長は責任が増すけど楽しいな~」と思って欲しいです。

”優”は、”支店の店長”から始まって”本店店長”としてやってきて、常に安定した業績と
人を育てて来ました。しかも、売上・利益目標を全て達成して来ました!(凄いですよね)
しかし、よくあるのは「店長の時は上手く行っていたけど、マネージャーとなったら
イマイチ思うように業績も指導も出来なくなった」と言うのはよくあることです。
”店長の優”としては勢いと独特の勘と思いやりで頑張って来ましたが、
”欽ちゃんの優”だけではなく”丸かの優”としてもう一段高い仕事と、良い意味で苦労をして
もらいたいと思っています。(笑)

物事は何度も何度も考えて話し合って決定する時もありますし、何かの切っ掛けであっさりと
決まることもあります。今回も一つの切っ掛けから勢いで決まった感じです。(笑)
  
血液はドロドロして流れが悪くなると身体を悪くします。水も一か所に溜まると腐ります。

最初は戸惑うと思いますが、必ず良い方向へ向かうように”丸か一丸”となってやります。

ですので、今後ともよろしくお願いします!!

追記 つーか、7月って!?
ファイル 3481-1.jpg

また一つ消えていく、昭和の香り・・・・・。

昨日は出て来る時には26度!
しかし!15時過ぎには18度!!どうしてくれるんだ!半袖で来た(着た?)
モチベーションは!!マジメにその「初夏→夏→半袖」のモチベーションを返して欲しいよ。

では、本題です。
”丸か”がこの土地に来たのが2004年9月なので、15年前。
その当時からはかなり街並みが変って来ました。
”事務所&てまひま”の隣の隣にあるパーキングは空き地でかなりおんぼろの木造の家が
ありましたし、その先には今はマンションですが「一条ショッピング」と言う、通り抜けが出来て
その昔は市場だったのでしょう。
その中にお弁当を販売していたお店が一軒だけ入っておりました。特にOLさんに人気で
昼時は並んでおりました。また、現在”まんぷくや”の入っているビルの1階は「リトルスプーン」で
2階は「とんかつ玉藤」がありました。そして、地下鉄西11丁目駅にある「ローソン」は現在
「串鳥」の入っている場所にありましたしね。

”丸か”の右隣の地下一階には、昼はそばで夜は居酒屋の「雁喰(がんくい)」さんも2017年の
3月にお店を閉めました。70歳を区切りにして、全道の介護施設などを回って
”そば行脚”の旅に出ました。

この度、石山通沿いにある「国竹タオル」さんも閉店するとのこと。
何でも昭和33年(1958年)
頃に東京の「国竹タオル」の支店として札幌に開店しましたが、この度61年の歴史に
幕を下ろします。先日、その前を通ったら”写楽”とすれ違い「タオル屋さん閉店するんですって。
何だか寂しいですね。」と言われて、あるのが普通で呼吸をするように特に何も意識を
しないで過ごして来たので、いざ無くなると思うととても寂しいです。

別に頻繁にお店に通っていた訳でもなく、お店の方と仲良かった訳でもありませんが、
やはり15年見慣れてきた日常の景色が無くなるのはショックですね。

しかし、無くなって数日もしない内に気にならなくなるのでしょうね。
そして、その内に何かになって数年も経つとすっかり忘れていると思います。
あたくしはたまに考えます。”てまひま”も15年経ちますが、もし(物事に絶対はないので)、
”てまひま”がこの場所から無くなっても数週間もすれば気にならなくなるし、
数ヶ月もすればこの辺のお客さんの記憶からは消えるんだろうな~と。

そう思うと、この世は”諸行無常(しょうぎょうむじょう)”で世のすべてのものは、移り変わり、
また生まれては消滅する運命を繰り返し、永遠に変わらないものはないんですよね。。。。。

追記 なので、今の内にじゃんじゃん来て下さいね!!
ファイル 3480-1.jpg

振り返った時に・・・・・。

「本当の人間の価値は、
すべてがうまくいって満足しているときではなく、
試練に立ち向かい、困難と闘っているときにわかる。」

マーティン・ルーサー・キング 

本当にそう思います。
しかし、人間は弱いもので頭では分かっていますが、実際に目の当たりに試練や困難を
体験すると、そこから立ち上がるには時間が必要な時もあります。

けれど、確実に人間を成長させて強くするのは試練や困難との闘いを乗り越えた時です。

でも、その辛い試練や困難も振り返ると「あぁ~、あの時があったから今があるんだよな」
と言える人生を送って行きたいものです。。。。。

追記 昨日ので”欽ちゃん支店10周年”が無事終わりました。皆様のお蔭様です。
「今後とも精一杯にやります!」と”高林忍”も申しております。(多分)
”欽ちゃん本店の優”と”てまひまの龍之介”のサヨナラチャ~ンス!!フェアもやって
おりますので、皆さまお待ちしております!!
「サヨナラチャ~ンス!!」ってなんだよと?
はい、これは小学生の頃にヨーヨーの世界チャンピオンが来て、小学生が技を繰り出し、
一度目の失敗なら世界チャンピオンがその小学生に「サヨナラチャ~ンス!!」と言って
もう一度チャレンジさせる時に使う言葉です!なので、別に深い意味はありません!!

でも、誰が世界チャンピオンって認めたんだと。
ファイル 3479-1.jpg怪しすぎる・・・・・。

                     
   

               

  • 加藤商店だョ!全員集合
  • 丸かの前進!前進!トップギア!!-加藤商店のブログ-