ブログ

記事一覧

大丈夫、別にこの世が終わるわけじゃないからね。

仕事がなければ探せばいい。
働きたくなければ、働かなければいい。
喜びたければ素直に喜べばいいよ。
怒りたければ怒ればいいだけ。
哀しみに襲われたらめいいっぱい哀しめばいい。
楽しみたければ満足いくまで楽しみなよ。
お金が無くて困ってる?無いもんはないんだから仕方ないと開き直るしかない。
失恋して傷ついてる?全く問題なし!必ず良い人が出来るように出来てるから。(笑)
逃げたいんなら、逃げればいい。
ミスをして落ち込んでる?なら、次に頑張ればいい。
使い込みがバレタ?謝って全額以上のお金を返して行きなさい。
人間関係に悩んでる?安心しな、一人でいても悩むもんだから。
そもそも親兄弟との関係でも悩むんだから、他人の方がまだマシ。
病気で悩んでる?でも、もっと重い病気で悩んでる人もいるし、そこから治った人も大勢いる。
死にたい?それは絶対にダメだ。死ぬほど悩んだり苦労するのは運命だけど、
自分から死を選ぶのは絶対にダメ。
だって、勿体ないから。必ず勝つ時が来るし幸せになる時も絶対的に来るから、
楽しみにしていなよ。そんなに急がなくとも人間死ぬ時は寿命で死ぬんだから。

追記 そう、色々と嫌なことも、悩みも怖くなることも
何にもしたくなることも、
逃げたくなることも死んだ方が楽かな?と思うこともあるけど、
別にこの世が終るわけじゃないからさ。
色々とあるけど一所懸命に生きてるあなたは勝者で”チャンピオン”だから、伝説の。(笑)

だから、今日もめいいっぱい楽しむさ!!

なるへそ~。

「その人がかねて心で思っていること、
その集積したものが、
その人の持っている雰囲気というものを作り、
それが結果的には人柄というものになっていく。」

と、京セラ会長の”稲盛和夫”さんはおっしゃっております。

なるへそ~。
あたくしは自分自身では愛くるしい目をしていて、とても親しみ易い
と思っていて、たまにお客さんからも「社長、顔が怖い!」と言われて
「おかしいな~」と感じていましたが、この”稲盛会長”の言葉を見て
そうか、あたくしの顔が怖いと言われるのは、いつも怒っていると言うか
怒りっぽく、いつも心の中で「なんで、アイツはいつもそうなのよ!」とか
「本当にアイツは言ったことをやらないよな~、バカなのか?」と思っていて、
時にはそれを言葉と態度に出してしまうのが、雰囲気と人相に表れて
しまっていたんですね。(ど真ん中だろ)

しかも、「それが結果的には人柄になる」とも。
えっ、と言うことはあたくしは単なる怒りっぽくて粗暴なヤツってことですよね?
それは大いに反省ですね。 ん?「ずいぶんと謙虚だな」って? 

えっ?誰が謙虚なんですか!?
あたくしが大いに反省を促(うなが)しているのは、あたくしを怒らせる相手にですよ。
それ以外考えられないじゃないですか!?よくもまぁ、あたくしの人相まで変えてくれたな!!
と言う思いですから。(笑)

と言うことは”龍之介”の軽薄な顔は日頃からな~んにも考えていないってことなんですかね?
今日で27歳になったのに。。。。。

追記 しょうがない、また一人で酔いつぶれるか・・・・・。

な~んてね、全ては自分自身の行いですからね。
でも、あたくしがお地蔵さんのような顔になったらどうします?
「笑う」って?
なるへそ~。

あっ、”すーさん”改め”ピンキーさん”が先週の”とり天狗”の「トップギア!!生」をアップして
くれましたので暇な時にでもご視聴して下さい。
つーか、コラッ!”ピンキー!!”人が話している時の曲の音が大きいって。

あたくし的、無駄に思うこと。

前にも書いたと思いますが、今一度書いて見ます。

あたくしが全くして持って「これって無駄じゃネッ!?」と思うことを書きます。

・ある豆腐に拘っている居酒屋で豆腐を頼んだ時に付いて来た五種類の塩。
豆腐に拘ってるのか?塩に拘っているのか?ハッキリせーっ!!ってね。
つーか、心理的にもそのような選ばせ方はマイナスなんだそうです。
「こんなに塩なんているか?」と一緒に行っていた女子が「分ってないな~、女子はねこういうのが
いいのよ。」と顔面クリ0リスみたいな顔でのたまっていました。
で、昨年かな?久々に会った時にそのことを言うと「えっ!?私そんなこと言った!?他の
女の間違えてんじゃないの!?」と。挙句には「豆腐は醤油でしょ!!」だって。(笑)

・麺類を売っている券売機のオプションの多さ。
先日、立ち食いそば屋の前にある券売機に並んでいたら、前の前の人がやたらと
券売機に入れたお金を出し入れしてオプションを付けたり取り消したり追加していました。
で、あたくしの前に並んでいる人があたくしの方をちょっと振り返って「遅いだろ?」的な感じで
見ました。で、その前の方は怒って列から離れて行きました。
2列後ろのあたくしから見ても「大丈夫か?」と思うほど券売機と格闘していましたね。
で、店内に入るとその人の隣になっちゃいました。(笑) でも、その方は年で言うと
40中盤でハットを被って耳にはピアスをし持っているカバンも個性的でお洒落番長って感じ
でしたが、立ち食いそば屋の券売機で格闘している姿はとてもお洒落には見えませんでした。(笑)

・近くのパン屋さんの個別包装。
どうして一種類、一種類別々に包装するのでしょうかね?味が移るのかな?
それでも、まとめてドバッと入れたらもの凄く時短になるのにな~、並んでいていつも
思います。先日は新人さんが1人でレジを打ち包装をしていました。アイドルタイムだったけど
常に5、6人並んでいました。バックヤードに誰かいないのかな~と思いましたが、新人さん一人。

ふと新人さんの後ろの壁を見ると「スタッフ募集!!」と書いていましたので、
「もしかして、今まで居た人たち一気に反乱を起こして全員辞めたのか!?」などと考えながら
自分の番が来て帰ろうとするとバックヤードから出てきた何時もの店員さんが「お次で並んで
いるおお客様どうぞ!」と。
こりゃ、新人さんも時間の問題かな?と思いながらお店を出て来ましたよ。

あたくしは何時も始めから包装をしているパンか何種類かあっても「一緒で」と言います。
包装をしていないパンでも本当は「いいですよ」と言って素手かポケットに入れて帰って来ても
いいんですけどね。なので、今度やってみます。絶対にあんなに丁寧な包装はいらないので。

追記 「どうする?」 「”丸か”でいいんじゃネッ!?」「だな。」お待ちしております。(笑)
今年に入って”イッシー”から聞いた「水、良いオリーブオイル、レモン果汁」を”愛ちゃん”と
飲んでいますが、”愛ちゃん”が「肌は良くなった感じがしますけど、髪の毛が脂っぽくなった
みたいなんですよね」と言うので、「それは好転反応かも知れないし、もっと良いオリーブオイル
じゃないのとダメなのかも知れないよね」と言ったら、これを買って来てくれました!↓
ファイル 3378-1.jpgでも、”愛ちゃん”曰く「髪の毛、大丈夫になって来ました。好転反応かもしれないです。」
まぁ、でも今日からこれで試してみます!!
先日のラジオがアップされました!!

はい、3月ですね。

さぁ、季節は新春3月です!
なぜか、昔から3月は特別感があります。きっと、卒業式何度か経て来たからだと思いますが、
寂しさと、期待の季節ですよね。

芦別の駅から列車に乗り、札幌は東区の『国際技研』と言う建設会社へ就職のために
出て来て34年が経ちました。

まさか、自分が飲食店に入り、そして飲食店を経営しているなんて夢にも思ってなかったです。

人生って、運命って何がどうなるのか本当にわかりませんよね。
けど、総体的に見ると楽しいです。

先日、スタッフにあるアンケートを実施しました。
改めて”丸か各店舗”に来ている常連さんのありがたみが分りました。
それは各店舗の店長もそうでしたね。ともすれば何時も来てくれるお客さんが「当たり前」の
存在になってやしないか?とね。

もちろん、新規のお客さんもたまにしか来れないお客さんも非常に大切です。
その中でも、頻繁に来てくれているお客さんに関しては、今回のアンケートで改めて
お客さんもお金や時間を色々とやりくりしてわざわざ来てくれているんだと。

お客さんはいちいちそんなことは口に出しません。けれど、それならば店側、会社側はどれほど
お客さんに対して”お返しを”しているのか?とね。

人間なので様々な思いを悩みを抱えながらお店に来ます。
店側(スタッフ)から見たら1対大勢ですが、個々のお客さから見ると店も一つ、
スタッフも一人ですからね。

改めて、何時もお越し頂きありがとうございます!!
皆さんに対してのお礼は、スタッフが元気で働き、当人はもちろん他のお客さんも喜んでいる
姿が”丸か各店舗”へ来て頂いているお客さんが喜ぶことだと思います。

そしてスタッフの輝いている姿と成長と。。。。。

追記 転勤が決まったお客さんが最後まで楽しめて”丸か”に来ていて良かった!!
と思うような営業をぶん殴ってでもしますので!!
(殴っちゃダメだろ!!)

家の近くになる”スオミ”という喫茶店が昨日で閉店しました。
あたくしは2度しか行っていないのですが”マスター”が中々気合の入った方で、
「若い時はバリバリとやっていたんだろうな~」と思う感じでした。
今月に入って店前に張り紙いが貼ってありました。約40年間営業して来たけど、高齢なので
閉店に至ると言うようなことが書かれておりました。「40年前・・・・、あたくしが13歳の時から
そこの場所でやっていたんだな~」と思うと自然と「お疲れ様でした」と言う思いが込み上げて
来ましたね。”スオミ”もそうですが、長らくお店をやって来た方はこうして張り紙を貼るんですね。
長年のお客さんへの感謝と、一緒にやって来た店、そして自分自身へ手紙だと思います。

きっと、この文章を書きながら色々な想い出と同時に思いが込み上げて来たんだろうな~。
改めて40年間お疲れ様でした!!(2回しか行ってなかったけど)
ファイル 3377-1.jpg
春よ、来い。

チャンスとか運って”順番制”じゃないんだつーの。

あのさ、チャンスとか運って”順番制”じゃないんだよね。
ましてや”整理券”もありません。
また、殆ど向こうからは来ません。殆どと書いたのは、宝くじとかが
それこそ何百万、何千万分の一か二の確率でやってくるくらいだからです。
(まぁ、これも一生無理だと思いますけど・笑)

唯一、チャンスを掴んだり運が向くのは、自分からその方向へ
一所懸命に向かってる時。

そこには沢山の失敗や恥もかきます。
中には目を覆いたくなるような、もしくは穴があったら入りたいくらいな、
あたくしの場合だと布団を被って出たくないような事もあります。
(ん?誰?”お酒をあびるほど飲むくらいだろ”などと思ってるのは?)

でも、そんな経験が自分を鍛える。何度も逃げ出したくなるような思いをして、
いや、実際に逃げてしまったとして、それさえも蓄積になる。

そして、チャンスや運がいつ来てもいいように考えて行動をして行く。
前に失敗したことや挫(くじ)けたことを繰り返さないように考えて行動する。

それを必死に辛抱強くやり続けてるだけで、チャンスと運が向いて来る。
なのに、「チャンスが来た時にそのつもりです。」と言う。

「チャンスが来た時?」「そのつもり?」既にこの時点で他人任せだし、
文字通り運任せ。しかも、その目は「魚が死んだ目」。

チャンスが来てからだと遅い!遅すぎる!!
あたくしから言わせると、海へ行って海の店で海パンを買います!以上に
海の中に入って、「良く考えたら濡れてるので海パンを買ってきます」と言ってる
ようなもんですからね。

人間、良い時ではなく、その逆の時にいかに努力して、以前の様にならないよう
工夫と知恵を使って動いているか?なんですね。

せっかく失敗と言う良い経験があるのなら、チャンスが来てから考えるのではなく、
日頃からそのチャンスへ向かって行く。そのような姿勢だと周りから
「アイツにもう一度チャンスを与えてくれませんか?」ってなるんだよね。

わ・か・っ・た・か?”龍之介”。

追記 ほら、お前の話で2月の”トップギア!!”が終ったじゃないかよ。
取り敢えず、皆さん今月もお疲れ様でした!!〆の”丸か”ですよ!!
“ピンキーさん”もホームページの更新頼みますよ~。(笑)

静かなブーム到来。

ここ最近、中華が静かなブームになって来ている感じがします。
札幌では「中国スパイス」を利かせ、お酒と合う料理がブームのようです。

先日、東京で行った店がまさしくその走りの様なお店で、「あれ?札幌の
あそこの店って、この店まんまじゃん!(笑)」と内装からメニュー構成から
殆ど同じで、逆に「やるな~」と感心しましたね。(そのお店スタッフ間では
しっかりとチャイナ語が飛び交っておりましたね)

「中国スパイス」を利かせたとはどんな感じなのか?と言えば、よく”麻婆豆腐”
に使われ「痺れる辛さ」を表現させる四川山椒の痺れや唐辛子や、そして
太田胃酸を思わせる五香粉(ウーシャンフェン)や”、回鍋肉”などにも使われる
豆豉(ドウチー)といった香りと味付けが独特な香辛料を使った料理です。

まぁ、他にも色々とスパイスを使っていますが、全体的に言えるのは「激しすぎない」
と言うこと。それでいて異国と言うか今までの様な北京、上海、四川、広東といった
大雑把な分け方ではなく、東北料理の一部地方とか、内モンゴルや雲南地方の
少数民族などの雰囲気ですね。(説明がマニアックでしたか?)

あっ、実はあたくし31年間の飲食生活で”経田チーフや細B”と中国料理系の
お店で働いていた期間が長いので、東京を始めチャイナや香港、台湾などへも
何度か行って色々と蓄積して来たので、それなりに知識だけは持っています。(笑)

けれど、ここ10年以上はあまり興味が沸かないく(まるふじの立場は!?)、
ほとんどそのような店にも行かなくなったし、本を読んだりといった勉強もしなく
なっていましたね。えっ!?「なら”一条まるふじ”はどうなんだ?」と?
そうなんです、あたくしの中では”一条まるふじ”はこれまで追い求めてきた
本場もんではなく、日本人に親しまれてきた町中華でもある大衆中華食堂的な
雰囲気にしたかったので、良い言葉で言うと「やり過ぎない」味付けや店にしたかったんですね。
決して、「まぁまぁでいいんじゃネッ?」ではないですよ。(笑)
まぁ、こだわりたかったら自分たちでやるでしょう。(投げっ放しのジャーマンかい!)

でも、一緒に行った”規夫”もしばらく中華・中国料理から離れてたので、
「やってなかったら(興味もなく)、忘れるもんですね。」と自分でも驚いていました。(笑)
そうなんですよね、離れていたり、興味が薄れていると勉強もしないし知識も得ようと
しないし、情報にも無頓着になるんですよね。

まぁ、”規夫”はそろそろこっち方面にも進出するようなので、興味が沸いて来たんじゃ
ないですかね。(笑) しかし、あたくし自身もそうですけど”坦々麺”一杯食べさせる
ために調理スタッフを連れて朝イチの飛行機に乗って赤坂まで食べに行き、17時
からの営業に間に合うようにとんぼ帰りで、むさぼるように勉強していたのにな~。

ここ最近は、新しい店や評判の店に連れて行ってもらっても一般人のような感覚で
仕事の話でお酒を飲む感じでしたが、これからはまた興味を持って自分自身を奮い
絶たせていこうと思っています。

あっ、一つ興味が沸くのは芦別の”三千里”へ行ったときですね。(笑)

追記 さぁ、常に興味と好奇心旺盛にだよね。
と言うことで、”欽ちゃん両店”が肉の日ですよ~。最近、アンケートで「ホルモンが美味しくなった!」と書かれます。努力と工夫は裏切りませんね~。
えっ!?「おいしくなくなった!」ではないですよ。似て非なる言葉ですからね。(笑)

昨日、今日は“とり天狗”から生放送ですよ!昨日、「さっぽろ村ラジオ」の社長さんと初めて飲みました。
とっても有意義な話しが出来ましたよ~。でしょ?”すーさん”。(笑)

でも、「ここは」と言う所では・・・・・。

本質で語らないから、また、本質を感じ取らないから、言い訳に聞こえる。
片や本質を抑えているが、本質からの言動に至ってないから中途半端に見える。

まぁ、何でもかんでも正直に思ったままや正論を言えば良いと言うもんでもないのは分るけどね。

しかし、人間関係や仕事に置いて「ここは」と言う時に上面(うわつら)で誤魔化しても
根本的な問題の解決にはならないし、「あの人は肝心な時に逃げる人」と言うイメージが出来ます。

きっと、本質を言って相手が嫌な思いをさせたくないのもあるんだと思うけど、
それってやはりその相手にとっては耳の痛いことだって分ってるんですよね。
なので、本当に相手のためを思うのならば言うべきです。誰もが思っていても言えない、言わないで
いるのって可哀そうですよね。また、そこから逃げない自分自身の成長のためでもあるしね。

また、相手のためと言うよりも本質を言って口論になったり雰囲気が悪くなったり
嫌われるのが嫌なのも十分にわかります。
でも、何かある度にそこを我慢しながら付き合って行くのってそれもキツくないですか?
もしくは諦めるのって何だか寂しいですよね。

別に「あんたのそこがダメなんだ!!」と語気を強めなくても「これからも今まで通りに
付き合って(良い仕事をして)行きたいので言うから」と相手の気持ちをおもんばかりながら
落ち着いて穏やかに言えばいいんだよね。

あたくしの場合は変に焦るのと虚勢を張ってしまうので、ついつい余計に語気が強くなって
傷つけてしまうので、何時もあたくしが失敗している反対のことを述べてみました。

つーか、ならそれを「お前がやれよ!」ってことだけど。
そんなあたくしに対して「その言い方!」と言ってチョイ。

まぁ、でも”本質を語る”って難しいよね。
「なら、お前はどうなんだ?」って言われる(思われる)可能性大ですからね。

でも、「ここは」と言う時には上辺で誤魔化すのでではなく(自分自身に対しても)、
”本質”を語らないとね。。。。。

追記 昨日、DVDを借りに行き5枚借りると安くなるので約1時間(最後の5枚目で20分)も
掛かって、いざ借りようとしたら期限切れで借りれませんでした!
ファイル 3373-1.jpgしかも、1日。何時もなら「事前に通知するなりしろよ!!」と逆ギレするのですが、
何だか疲れてしまいあっさりと帰ってきた自分が素敵でした。
by 「(有)丸か加藤商店」

何だかありがとうございます。

『すべてのものは変化します
もちろん、君自身も、です
変化を恐れてはいけません
むしろ、それを楽しみとしなさい
今の自分に疑問や不安を感じたら
それは変化しなさいという心の声です
不安は未来へ向かう原動力です 』

日本の絵本作家、画家、詩人でもある”葉 祥明(ようしょうめい)”さんの「自分の居場所」の
一部より。

何だかありがとうございます。
と言いたくなったので・・・・・。

追記 今月のあと4日になっちまいましたが、月日を止めることは出来ないので、
それならば一日でも無駄にしないで楽しんでいこうと思います。
昨日はお疲れ様でした。

東京画像集パート2

と言うことで、昼から神泡やハイボールなんぞを飲んでしまった一行。
ファイル 3371-1.jpg(笑)
で、そこから2軒ほど行ってからチェックイン!
ファイル 3371-2.jpgおーっ!”スカイツリー”が真ん前じゃん!!(先ほどの担当者の無礼な言動は帳消し)
で、少し休憩をしてから”圭祐”のお店へ。
ファイル 3371-3.jpgまぁ、今回はこの店に来るのが目的だったので。
ファイル 3371-4.jpg元気でしたよ!
ファイル 3371-5.jpg元気でしたよ第二弾!!(手抜きか!)
先日、”圭祐”の誕生日に「北の勝2019年限定バージョン」を贈って常連さんに振る舞ったら、
そのお客さんがそのお礼に「ひよこ」を頂きました!!
「ラジオと同じ声だね」と。(聴いてくれているんですね!!感動)
ファイル 3371-6.jpg皆で記念撮影!!
このあと、”圭祐”とは待ち合わせをして次のお店へ。
の前に↓
ファイル 3371-7.jpg同級生でもあり、ライバルでもある二人。
せっかくなので東京で働いているタスコ時代の仲間を呼びました。
今では大社長となった”鹿中”とこれまた何店舗も経営している”茂木ちゃん”。
そして自分でお店をやっている”梅”。(十何年ぶりだろ?)
何だか、こうやって新旧の仲間とこうして会えるなんて本当に幸せです!!
ファイル 3371-8.jpg皆、身体に気をつけて一日でも長く生きような!!

と言うことで、簡単でしたが東京画像集1、2でした!!
また、何かの機会で書いていければ!!
ファイル 3371-9.jpg夜が明けた部屋からのスカイツリー。

追記 一泊二日でしたが、店と人とで満喫できました!!
あたくしは、芦別でお通夜があったので直ぐに着替えて友だちの運転でトンボ返り。
それからススキノの夜を東京の夜を噛みしめながら楽しみました。
そうなんです、今日は思いのほか元気だったりしています。
なので、皆さんお待ちしていますよ!!

東京画像集パート1

と言うことで、無事に帰ってきましたので画像集をアップします!!
まずは↓
ファイル 3370-1.jpg『神泡』と言うことで、のとんどがクリーミナー泡のビールです。これを”欽ちゃん”で出そうものならば、速攻怒られてしますね。(笑)
お次は『メーカーズマーク』のセミナーを受けに行ってきました。本来なら米国はケンタッキー州へ
行くのですが、一泊二日では無理なので東京にもあると言うので行ってきました。
中々、参考になりまして、メーカーズマークのポイントでもある赤いキャップ?も作らせてもらいましした。
今でもケンタッキーでは一本一本手作り(ハンドメイド)なんですね。
だから「クラフトバーボンウィスキー」と言われるんです。(受け入り)
で、あたくしたちもハンドメイドで↓
ファイル 3370-2.jpgまずは何もされていない状態。
ファイル 3370-3.jpg瓶の先を半分までドボン!
ファイル 3370-4.jpgさっとあげて素早く回す!!
ファイル 3370-5.jpg”優”、笑ってる場合ではないぞ!
ファイル 3370-6.jpgほらね、格好悪くなったろ。
因みにあたくしのは↓
ファイル 3370-7.jpg沢山、並と言うかタレがありますが、とにかく長い!サントリーの担当者から
「キモい!」と言われてしまいました。(冷静に考えるとその言いぐさよ)
ファイル 3370-8.jpg全員のです!右から、「男、のり、あたくし、優」でした!
最後に記念写真。

では、パート2に続きます!!

  • 加藤商店だョ!全員集合
  • 丸かの前進!前進!トップギア!!-加藤商店のブログ-