ブログ

記事一覧

言った側の責任として。

部下に指摘や注意、時には叱責するのは今のご時世では勇気が要る時がありますね。まぁ、ご時世ではなくともあまり摩擦と言うか、しこりと言うかわだかまりを残したくないですよね。それは、対等な人だけではなく立場上は上司や先輩が部下や後輩に対してもでも同じです。

でも、そこから目を背けると後々余計に悪くなることが殆どだし、それよりも自分自身が一番精神的に厳しい、自分で自分自身の負けを認めたみたいで。正しいことを”正しい”と言えないのはツラいですよね。

きっと、このような葛藤は先輩や上司になったら一度や二度や三度はあると思います。(毎日かも) 実は何を隠そうあたくしもなんですよ。「うわっ、めっちゃウソだ~!」と思っただけではなく、ついつい声を出したそこのあなたは甘い!ローソンの餡がたっぷりと入ったどらやきに砂糖醤油を付けて食べるほど甘い!甘すぎる!!

かなり気にしますよ。きっと、普通の人と言うか凡人と言うか平民の数倍は気にします。(なに目線だよ) これでも言いたいことは”その昔”から見ると70%位に抑えてるんですよ。でも、今位に抑えてる方がいい時も多分にあることに気付いてからは少しは楽になりました。(お酒を飲んだ時に爆発しますけど)

まぁ、平民の皆様方は悩んでいると思うので、あたくしが行っていることをチラッと伝えますね。(だから、なに目線だよ!!)

指摘したり注意をしたり、ましてや感情的になり叱ったりしてしまったら、お互いに気まずくなるかも知れませんが、そこは信念とその部下や後輩のことを思ったら常に気にして下さい。言いっ放しではなく、事あるごとに「あれからどうなってる?」とかと言ったちょっとした一言を口にするだけで全然違うので。それも一度や二度ではなく、上手く行くまでタイミングを見て”気にして”下さい。(毎日でも良いくらいです)

言われた側の責任もありますが、言った側の責任としては出来るまで「気にすること」なんじゃないかと。そこから、進捗具合で悩みも聞けるしアドバイスも出来るので。

たまに、少しマシなことを言ってしまって、なんかすんませ~ん。(笑)

追記 いいですね~、6月8日って。なんか、6に少し足したら8ですもんね。

実は・・・・・。

実は、昨日”欽ちゃん支店の竜次”が23回目の誕生日でした。メッセージは書いたのですが、事務所で会ったのに”支店のお得情報”を見て”竜次”が自分で誕生日だと書いていたので、「あっ!!」と思い電話しました。「”竜次”、誕生日だろ?おめでとう!!」「そうです、誕生日です。えっ、どちらさんですか?」「加藤!」「あっ。そうですよ、誕生日ですよ。」ここで、あれ?と。「加藤だぞ。」「えっ、分りますよ。」(ゼッテー、分ってない)「社長だぞ」「あっ!すいません!!」
で、その後のラインのやり取りがこれ。↓
ファイル 3785-2.jpg
実は、今週に入ってお酒を飲んでません。
いえ、別に体調が悪いとかコロナで陽性反応が出たとかではないです。きっと、抗体があるのか?例え感染していても”無症状感染者”だと思うので。(オイッ!)

なんか、出るのが億劫に感じたんですよね~。
でも、昨日のラジオ収録が今週の初のみでした。(3杯)
こうして人間は老いて行くのでしょうね。。。。。

追記 ”酒は飲んでも飲まれるな”と言うのは中々難しい事ですね。あっ、あたくし”やらかした”訳ではなく、単に飲むタイミングが無かっただけですから。(笑)
と言うことで、本日15時より「ラジりますよ」。
ファイル 3785-1.gif機会があれば巡って見たいと思います。自転車や車、交通機関などを駆使して。(コラッ!)

それだからこそ・・・・・。

昨日、メーカーの方と話していて、そこの会社は今月いっぱいは在宅勤が続くそうですが、お客さんの所への営業は家から直接行けるようになったと話していました。「コロナの現状と今後について」と言う資料を持って来てくれて、色々と話しました。

ワクチンや治療薬が出来るまでは、今とさほど変わらなく飲食店内よりも「家ナカ消費」が増えるし、収入も減少傾向になるので余計外食などを控えるのではとも。また、大箱店やススキノも厳しい状況が続くのではと残念そうに話していました。

「社長の所はどんな形で?」 「俺の所は今まで通り。席の間隔とかシートなどはしないね。テーブル席も普通に向い合せに座ってもらうしね。だって、おっさん二人がテーブル席に隣同士で座るのって変でしょ!?それならカウンターに座ってもらうよ。(笑)それにシートなんてしたら”欽ちゃん”では溶けてしまうからね。(笑))」

「そうですよね。(笑)客単価を上げたりはしないんですか?」「しないよ。そのまんま。今まで通り。」「そうですか。では、そのままで。」「そうだよ。俺はね、なんかおかしいと思うし、この状況に違和感を感じてるから。なので、今まで通り何も変えないよ。周りは分らないよ。新しい取り組みをしたければすればいいと思う。けど、俺は何も変えないで今まで通りにやるよ。きっと、このような生活をして飲食店へ行ってもその延長のようなことをしながら飲食をしなければならないって面白くないしょ。(笑)で、その内に「あれ?」と気づく時もあるし、ここへ来た時に「あぁ、飲食ってこんな感じだったよな?」と忘れかけていた楽しさを思い出してくれればいいしね。そのためにも変えないよ。」

「それを聞いて安心しました。他の社長さんの所で話を聞くと、仕方ないですけど少しマイナス思考が多いんですよね。でも、社長の話を聞いて明るくなりました!」「まぁ、そんな大したもんではなく今まで通りのことをするだけだから。逆に言えばそれしか出来ないしね。」

今の所、外食、飲食、酒場と呼ばれるあたくしが育ってきた学びの場(仕事も人生も)でもあり、憩いの場の厳しい現状はあまり変わりません。がしかし、今が正念場だと思うんですよね。もちろん、席を空けたり、フェイスシールドを被ったり、シートやアクリルで仕切ったりするのは全然否定しませんし、やればいいと思います。けど、あたくしはしません。いえ、出来ません。

それは、これまでの仕事を生き方を全否定するに等しいからです。
あたくしは楽観はしていませんが安心はしています。絶対にまた以前のように気にしないで色々な業種の人々が息抜きに、楽しみに、酔いに、ふ・つ・うに来ることを。

だから、変えないで、変わらずに頑張ります。

追記 あっ、”丸か”の常連さんたちはコロナ前も最中も今も変わらないツワモノどもでした。(笑)
夢のあとにするなよ!!(笑)

本気で腹立ちますよ。

以下は「 J-CASTニュース」より↓
メッシュ素材メーカー「くればぁ」(愛知県豊橋市)の販売する「日の丸マスク」が、SNS上での誹謗中傷により製造休止していたことが分かった。同商品をめぐっては、政府からの要請で生産しているとの誤情報が拡散し、心無い意見が多数寄せられていた。

「政府批判のネタにちょうどよかったのか...」
「くればぁ」の石橋衣理社長は2020年5月28日、ツイッターで「日の丸マスク 大変人気でしたが議論のネタにされるのは本望ではないので、しばらく製造休止していますまたいつか復活できれば...」と明かした。

日の丸があしらわれた「日の丸マスク」をめぐっては、マスク不足が深刻化しはじめた2月中旬ごろ、「厚労省がマスク不足に対応し日の丸を冠したマスクを生産」「馬鹿なのかなこの国?日の丸入れる手間省いたらもっと増産できたでしょ」といった根拠不明の情報がSNSなどで広まり、くればぁが否定する騒動があった。同社によれば、日の丸マスクは2015年から発売していた。15年のフィギュアスケート世界選手権で羽生結弦選手が着用したことでも話題になった。

石橋社長は、作家でタレントの室井佑月氏(50)が誤情報を信じて「これを作るのに、コストどのくらいあがったんだろう。こんなことより、枚数だろうに」などと政府を批判したツイートなどのキャプチャーとともに、「弊社で作っていた日の丸マスクが政府批判のネタにちょうどよかったのか、ボロクソ言われました。政府と繋がりなんて一切ないのに...社名についても馬鹿にされ、ド阿保とまで言う人も...」
とあらためて憶測を否定。「我々は誠実に物作りしているだけなのに」と嘆息し、製造休止に理解を求めた。

日の丸マスクは5月29日現在、公式通販サイトでは売り切れとなっており、「現在、再販の予定はございません。再販が決まり次第、HPで告知いたします」と案内している。
石橋社長の投稿は数多くリツイートされ、「御社のマスク、愛用してます。誠実な物作りはきっと支持されます」「心無い言葉に負けないでください」と励ましの声が寄せられている。←ここまで。

一体なんなんでしょうか?日の丸=安倍政権=右翼と言う構図なのでしょうか?もしくは、自粛警察やオールナイトニッポンの”岡村さん”、そして、先日無念にも亡くなった”木村花さん”とターゲットは違えど似たような、本当にゲスで大バカ野郎の仕業ですよね。マジで卑怯で陰気な奴らです。今回の場合は「SNSを見なければいい」では済まなくて、事業に関わることですからね。これは「営業妨害」で慰謝料か罰金を認めるべきですね。特に芸能人、そして知識人などと呼ばれている阿呆は「誤解していました」で済まされませんよマジで。きちんと会社へ行き謝罪したうえで「日の丸マスク応援しますキャンペーン!!」を大々的に行い業績に貢献するべきですね。

って、その前に「日の丸」が付いているからと言って、それを「日の丸を入れる手間を省いたら」って、この会社のマスクのデザインなんだからしょうがないだろ。普通は「このような時に”日の丸”は勇気づけられますね。ありがとう!」と称賛するとこだろうがボケが。
ファイル 3782-1.jpgめっちゃセンスいいんですけど!!

あたくしはこのような理不尽には本当に頭に来ますよ。
なので、この「くればぁ」さんにはあたくし用に「日の丸」の代わりに「旭日旗」にしてもらいたいくらいです。(と言うと”右翼”だ!!と決めつけるんですよね~笑)
ファイル 3782-2.jpgいい感じ。そうか!これを日本中の人が付けたらC国とK国は日本に来ないので感染源を持ち込まれなく防止策には良いかも知れませんね。(コラッ!)

追記 ん~、この季節が一番心地良くお酒も進みますよね。(笑)でも、旭日旗のマスクの女性、キレイですね。(これを見た野郎どもの心の声)

一つのお店には・・・・・。

最初に行ったのは、まだ”細B”が”丸か”に居た頃で11年前位ですかね。久しぶりに、そう本当に久しぶりに一杯飲みながら話をしようと思い、入った店が「さゝき」さん。
カウンターのみのお店でマスターとママと二人で切り盛りしていて、当たり前だけどマスターもママも若くハツラツとしていました。(あっ、”細B”もだけど)

その時は、初めてなので二人と特に話す訳でもなく、また、近くで飲食をやってると言うのも憚られるので殆ど”細B”と話していました。すると、ひとどおり料理が来て飲んでいると”マスター”がおもむろに「これ、食べて」と柿の種を出してくれました。(笑)

そこから少し話しをしてお店を後にしたんですが、二人が醸し出すアットホームなお店の雰囲気と最後に出てきた柿の種がいい感じで、スタッフに何かで話したんだと思います。数日後に”いっく”のお店に”マスターとママが来て(実は”満福や”へ来ていたそうです)「昨日、”さゝき”さんのマスターとママが来て、家(いっくの口ぐせで”うち”と言います)の社長がこの前行ったと言ってましたよ。」と言うと、”マスター”は「えっ!?どんな人だ?来てないと思うけどな。」「柿の種出してもらったって」「柿の種ならそうだわ!」と、なぜか?柿の種で解決したみたいです。(笑)

それから、たまに行くようになり、その内に”おごじょ”が出来たので気まずくも「さゝき」さんを素通りして会釈をしながらも、たまに顔を出しておりました。お店に行くと”ママ”が「いや~、社長。”おごじょさん”いつも流行ってるね~。感じ良いもんね。ここは長くやっていた”ゝ月(ちょんげつ)”さんが辞めてから、お店が続かなかったのさ。」と感心していましたっけ。(笑)
ファイル 3783-1.jpgたまにランチに行っていた”ゝ月(ちょうんげつ)さん”

”マスター”は32年間務めたサラリーマン生活を早期退職で辞めて、それこそ飲食の経験もなく文字通り脱サラで居酒屋和料理「さゝき」さんを22年前に開店しました。今から22年前と言うと”祥子”と会う1年前ですので人に歴史ありです。(笑)

数年前に病気をして、しばらく”ママとアルバイトのみっちゃん(うなじ美人)”と二人でやっていた時があり、”マスター”曰く「俺が居ない方がお客さんが来るんだわ」と否定できないことを言っていました。(笑) 

本当はコロナが無ければ、これまでお世話になったお客さんを招待して感謝の気持ちを伝えて終わる予定でしたが・・・・・。

早口で行く度に話の内容の7割は同じことで、マスクをしだしてからは余計に聞き取れなかったけど、でも”マスター”の人柄の良さが伝わってくるのでいつも楽しんでいました。”ママ”はそんな”マスター”に対して「お父さん、この前も同じこと言ってたよ。社長だって聞き飽きたって。」と、いつも気を使ってくれて可愛らしい”ママ”でしたし、実際”ママ”の方が料理を作っていたような。(笑)

もっと、顔を出しとけば良かった。。。。。

追記 お店にはドラマがあります。一昨日、”祥子”が声を掛けてくれて寄せ書きや花束と感謝を伝えに行きました。
ファイル 3783-2.jpgいつもながら、このようなことをやらせると天賦の才を発揮する”祥子”のお陰で”マスターとママ”へ最後に感謝を伝えることが出来ました。清掃をして最後に鍵の受け渡しをするとのこと、カウンターだけは何時もの迫力でそれ以外は寂しくなった店内を見て、このようなのを自分の店で何度となく経験していてもやはり寂しかったです。
一つのお店には色々な思いがあり、様々な出逢いやドラマがあり、その人なりの想い出があるんですよね。
ファイル 3783-3.jpg”マスター、ママ、みっちゃん”、本当にお疲れ様でした。そして、想い出をありがとうございました。もっと、もっと、元気で長生きして顔を出して下さいね。
「人が好き 創るのが好き 和料理さゝき」”おごじょ”の未来だぞ。
ファイル 3783-4.jpg

問題の本質はそこじゃないよ。

誤解や書類上の手違いはあったが、寄付金を不正に流用はしていないと「元慰安婦支援団体不正疑惑 前理事長が会見」がありました。
そもそもは”李容洙(イ・ヨンス)”と言う自称「慰安婦のばあさん」が5月7日、記者会見を開き、韓国挺身隊問題対策協議会(以下、挺対協)の後継組織である正義記憶連帯(以下、正義連)と尹美香(ユン・ミヒャン)氏が、元慰安婦の人々を「騙すだけ騙してきた、利用するだけ利用してきた」「水曜集会をなくすべきだ。(慰安婦問題の解決に)何も役立たない。(集会に)参加した学生が出した募金はどこに使われるか分からない」「一人でも慰安婦歴史館を建て、韓国の学生や日本の若者に正しい歴史を教えることに専念する」として、「正しい歴史を教えることが慰安婦問題の解決に役立つ」と語ったことから、身内同士の罵り合いが始まりました。

自称「慰安婦ばあさん」にこのように暴露された前理事長の”尹美香(ユン・ミヒャン)”は、「おばあさんは、1992年に申告電話をかけてきた時、私はオフィスで電話を受け、蚊の音ほどの声で震えながら、『私は被害者ではなく、私の友達が…』と話し出した当時の状況を昨日のことのように覚えている」と言いだしました。と、これまた「お前は慰安婦でもなんでもネーだろ!!」と思いっきり自爆に近い暴露をしましたしね。

まぁ、この二人はどっちもどっちで自称「慰安婦ばあさん」は慰安婦でもなんでもないのに、日本と韓国政府からお金をもらうために慰安婦のフリをして、前理事長は理事長で金のなる木として使い倒して来たと言う構図。

で、韓国の保守系などは「慰安婦を食い者にした悪い奴だ!それを庇ってる現政権とは何者だ!!」とか、韓国の国民は国民で「慰安婦のおばあさんが可愛そうだ!!」「不正会計だ!」と騒いでおりますが、問題の本質はまったく違っていて、そうではなく「あなた達が言っていた、信じていた日本軍に強制連行されたと言う、いわゆる従軍慰安婦が性奴隷とされていたなんて、まったくのでたらめだったのがバレた!!」と言うことです。

また、全部ウソだと分っていて本来ならば謝罪もお金も出さなくてもいいのに、「まぁ、ウソだと分ってるけど金で黙るんなら10億くらいくれてやれよ」的な、どうしようもない腑抜けな”売国奴”行為がこの30年間も奴らをつけ上がらせて、挙句には韓国の大使館前や日本と韓国に関係のない国にまで、ブサイク像が立ち並びました。

「慰安婦問題は金のなる木=あくどいビジネス」(これが結論です)

ここ最近、テレ朝がこの慰安婦の暴露合戦を報じていますが、「もとはお前らのウソから始まったんだろ」と、盗人猛々しいと思いますね。なので報じるのならば、現在韓国で起きている「慰安婦のおばあさんたちが可哀そう」とか「不正を働いていたのか!!」と言う問題ではなく、「いいですか?そもそも日本軍が強制的に連行した性奴隷”なんてものはいなくて、単に商売としてあったんですよ。」と言うことです。

で、一番の問題は何度もこの”トップギア!!”でも書いていますが、未だにこんなのを信じてる?いや、利用しているマスコミとアホなコメンテーターと政治家です。ここでは左翼野党だけではなく自民党にもいる政治家と官僚どもが利権まみれなのと、本気で日本人として先祖や現代、そして未来ある子供たちのために立ち上がろうとしない、全くの腑抜(ふぬ)けで体たらくのクソ野郎に怒りを覚えます。この”キムチわさび”さんの言ってることが正解です。

追記 ん~、中々に熱くなってしまったのに会社と店のをPRをするのって、ちょっと変な気分。(笑)この自称「慰安婦ばあさん」はこのような言葉を吐いていました。前理事長と話した内容→「『性奴隷』という言葉をなぜ使うのかと聞くと、米国が聞く耳を持つように、米国の人々が怖がるように(言うのだと)。話にならない」(中央日報日本語版)とも語ったという。
って、話にならないのはこっちだよ、このくそババア!!

では、今月から・・・・・。

どわーっ!!6月!!
本年度の折り返しの月ですよ!!この数ヶ月は何だか損した感じなので、ここから大いに取戻し挽回しますよ!!(完全な空回り)
また、政府の方もこの期に及んでそんじょそこらの感染者増ではスルーを決め込むモードですからね。(笑)

まぁ、と言うことで今日から出勤する人も多いと思いますので、調子に乗って大いに来て下さい!!(笑)

でもって、”丸か店舗”も「ほぼほぼ」通常営業に戻ります。この「ほぼほぼ」と言うのが何なのか?と申しますと、ぶっちゃけあたくしも理解できていないんですけど(しろよ!)、例えば”てまひま”は窓越しでお弁当を販売するとか、”とり天狗”はそのまま弁当を販売するとか、”欽ちゃん両店”は土日に関しては昼から営業するとかなんとか・・・・・。

他にもあると思いますが、それよりも今月から、我が”ブーメラン忍”が”欽ちゃん本店”勤務になり、”バケラッタ竜次”は”欽ちゃん支店”勤務になりますので「かわいがり」に行ってやって下さい。(笑)
ファイル 3780-7.jpgいい顔だ。ん?いつの間に”忍”は坊主になったんだ。(笑)

では、今月も、いや、今月から”日常”を取り戻す日々に邁進しましょう!!

追記 あっ、そうだ!今月は”欽ちゃん支店”の11周年だった!!(早ッ!)
ファイル 3780-1.jpgこれ旨いです。(画像提供・”祥子”)
ファイル 3780-2.jpg礼文島産の「ぬっかほっけ」
ファイル 3780-3.jpg食べ方。まぁ、普通にヒレを取ってコマイのようにむしって食べれます。(って言うか、会社の名前・・・・・笑)
ファイル 3780-4.jpg事務所のポストにも来ました!でも、どう見ても小さいので”写楽”行です。(笑)
ファイル 3780-5.jpgミレーのビスケットです!!(瀬戸内レモン味!!)
ファイル 3780-6.jpg真夜中のにんにく味!!(真夜中の?)
って、ミレーのビスケットって有名なの?

そうだよな。

コロナの宣言解除で久しぶりに出かけられるようになった方が、コロナ前に頻繁に行っていたルノアールと言う喫茶店へ行き、「私が私のために淹れるコーヒーには、人のために向けられた想いがない。だから味気ないんじゃないのか。このコーヒーには、人に向けられた想いがある。ルノアールに限ったことじゃない。」と述べ、「すべての飲食店で提供されているものには、人に向けた想いがあるはずだ。」とおっしゃって頂きました。

そして「まだまだ油断はできないけど、もう1度それらを味わいに行こう。自分だけでは味わうことのできない、想いを味わいに行こう。」と。そんな思いにふけっていると、「モーニングを食べ終えて、またぼんやりしていると、スタッフが熱いお茶をもってきてくれた。」そして、「そうだ、そうだった。ルノアールはお茶を出してくれる。それさえも忘れていたよ。もうオールリセットだ。出かけられなくて衰えた筋肉を再び鍛えなおすように、頭も心も鍛えなおそう。やられっぱなしじゃ、かなわんからな。」と締めくくっておりました。

そう、「やられっぱなしじゃ、かなわん。」
殆どの日本人、いや世界の人たちが思っているのではないでしょうか・・・・・。

追記 「すべての飲食店で提供されているものには、人に向けた想いがあるはずだ。」飲食店側としてはとても嬉しい言葉です。その反面、「その想い」を忘れないように心がけないとと身が引き締まる思いになりました。本日15時から「らでぃお」(”れ”ではなく”ら”にしてみました)の放送が垂れ流れますので、都合の良い時間に聴いて下さい。(しかも、1時間半!!長ッ。このHPから直接、自分のスマホ、人のスマホなどから聴けますので。(笑)あと、ラジオでも言っていますけど、明日の営業で”忍が本店”へ”竜次が支店”になりますので、今日か明日にでもお時間があればよろしくお願いします!!

今さながらに思う・・・・・。

「母からの手紙」

母に会えない週末には
認知症の母への手紙を書いた
お元気ですかで始まり
寂しくないかと付け加え
元気でねと母へ手紙を書いた
言葉のない母はその手紙を
口にくわえてしゃぶると聞いた
手紙は読むものと思っていたが
そんな味わい方もあるものだと
いつもよだれを流しながら
私を見つめる母を思い浮かべた

やっと時間ができて
熊本の老人ホームに母を訪ね
その手紙を母に読んであげる
これじゃ手紙の意味がないじゃないか
言葉のない老人と
ろくでもない者が向き合って
その足りない部分を埋め合って生きている

一人の静かな夜
母からの手紙が届く
文字のない無言の
紙も字もない手紙が届く
いつものようにお元気ですかも
寂しくないかの付け加えもなく
元気でねとどこにも書いていない
母からの手紙が届く
「その自分を生き抜け」と
私の心の中に届く
私の心に響く
『自選 藤川幸之助詩集 支えられる側が支えられ生かされて行く』より。

追記 動画、”まるふじ&てまひま”バージョンも出来ました!!今さらながらに思う、親孝行はしとくべきだと。。。。。

笑ってはいけないんですけど・・・・・。(笑)

徐々に全国の学校で授業が再開されるようですね。あたくし的には本当に良かったと思っています。しか~し!これだもんね。↓
ファイル 3777-1.jpgフェイスシールドとかと言って、飛沫を防ぐための防具ですね。これの下にマスクなんかをする生徒もいるとのこと。
ファイル 3777-2.jpgもちろん先生も例外ではありません。
けどね、こんなことまですることがあるんですかね?あたくしは笑っては行けないけど大いに笑っちゃうし、また、滑稽極まりないとも思いますけど、誰か反対する人はいなかったんですかね?「命が大事だろ」って言われますが、そんな誰でも思う当たり前の正義を振りかざしたら、何でもそうなりますけどね。

そう、命は大事です。けれど、まともな大人なら思うはずですよ、何事にも多少のリスクは付き物だと。まぁ、ワクチンぽ(コラッ!)が、無いからこんな溶接工みたいなマスクを付けるんでしょうけど。

で、思いました!あたくしたちが学生の頃に(と言っても、小・中・高でも違ってきますけど)このようなフェイスシールドを被せられたらどうしたか?と。

断言します!ゼッテェー遊びの道具になっていたと!!
まず、こんなのを被ってるのをいいことに、もし冬なら顔面攻撃雪合戦か、どこまで顔面に雪玉ぶっけを耐えられるか?(めっちゃ楽しそう!)また、やはりこんなのを被ってるのを良いことにマジックなどでマスクに顔を書きます。
ファイル 3777-3.jpgオバキューとか。
あと、好きな子が何かのタイミングでマスクを外した時に思いっきり被ります!!いえ、自分で外さなくても外させます!!(笑) 他にも意味のない宇宙人ごっこやツバ掛けごっこ(お互いにサッ!と外したタイミングでツバを掛け合うとか、ピコピコハンマーの要領でマスクを真ん中に置いてジャンケンで勝ったらツバを掛けて負けた方は素早くマスクで防ぐと言う)。そうだ!マスクに無数の穴を開けてひとり面会!!(飛沫防止の意味なし)いや~、想像しただけでも楽しそうなんで意外と悪くないですね。(やってることが悪いわ!!)

追記 いや~、6月から”欽ちゃん本店・支店”で人事異動なんぞがあり、お互いの責任者が入れ替わるんですけど、責任感?敢えてここは”使命感”と言わせて下さい!!定休日を返上して店の体制を構築するんだそうです!!えっ!?もちのろんで”強制”ではなく、あくまでも自発的ですから~!!
なぜか?”欽ちゃん支店”のカウンターと椅子の高さが合わず、しばらくすると箸を持つ肩が痛くなるので、自分のためにも(オイッ)高さを出しました!!
椅子を買う予算がないので、今までの座布団の下に10センチ高の籐のクッション!!
ファイル 3777-5.jpg今までのと比べるとこんな感じです。
と言うことで”忍”に実際に座ってもらいました。
今までは↓
ファイル 3777-6.jpgそうそう、低すぎて殆どカウンターと平行線。(ゴルァァァ~!!)
真面目にやります。
ファイル 3777-7.jpgこんな感じでした。普通に飲み食べするならばいいのですが、七輪を置くとこれならば低いんですよね。
で、↓
ファイル 3777-8.jpgニューバージョン椅子ではこのように、まるで”野口五郎”のシークレットブーツばりに高くなります!!(古ッ!)これで、ゆっくりと飲み食べ出来ますね、あたくしが。(オイッ!)

  • 加藤商店だョ!全員集合
  • 丸かの前進!前進!トップギア!!-加藤商店のブログ-