欽ちゃん本店
欽ちゃん支店

エントリー

青春のバレンタインデー

  • 2015/02/01 00:14

2月と言えば、物心ついたくいらいからおかしな風習が起きていました。
バレンタインデー・・・・・。
 
モテない、あるいは女子から人気のない男子ほど、こんなにも”むごい”
仕打ちはありません。(笑)
 
今でも「あんな”むごい”日なんか無けりゃイイのに」と思うのはトラウマでも
何でもなく、単に「チョコレートなんてアポロチョコかチョコボールで充分だよ」
と思っているからだと思います。
 
今ではチョコレートではなく品物を渡すようですが、それもお金の無駄。
とかなんとか言っているようじゃ、年なんですね、きっと。(笑)
 
そんな私にも学生時代には2度程、バレンタインデーでチョコを頂きました。
中2の時と高3の時です。(これだけ)
 
高3ともなれば「まぁ、こんな日もあってイイかもね」と、生意気にも余裕な
感じでしたが、まだいたいけな中2の時には嬉しさ全開でした。
 
しかも、頂いたの人が一つ上のソフト部の丸山先輩だったからで、
嬉しさもひとしおでした!!
 
あれは朝だったか、帰りだったか・・・・・?
西芦の旧三北商事側の駅前通りで、ちょうど伊藤商店の前辺りを
私は一人で歩いていたら、丸山先輩が友人と二人で歩いていたので挨拶を
すると、すれ違いざまに「サル、余ったから」とソフト部らしくアンダースローで
私の胸元へ友人と笑顔で会話しながら小さな袋をパスをしながら通り過ぎて行きました。
(本当に、物のついで感が満載でした)
 
一瞬の出来事で「?」と。
4、5秒して「これはもしや!!」と。(笑)
 
多分、その場ではなく、大切にプーマーもどきのカバンに入れて家に持ち帰って
部屋で一人包みを開けたと思います。
 
どんなチョコレートだったかは憶えていませんが、嬉しくて、嬉しくて
しばらく眺めていたのは間違いありません。
 
もちろん、勿体無いので直ぐには食べることはしないで、本棚の下の養命酒の
入った扉を開けて(一応、そこは私の宝物入れです)、何となくこっそりとしまいました。
 
余ったチョコだろうが、ついでだろうが憧れの丸山先輩からのバレンタインデーの
チョコレートです。(しかも、人生初の)
 
大事に大事に養命酒と一緒にしまって、たまにこっそりと見てはニヤニヤするのでした。
結局、そのチョコレートを食べたのは高2で芦別市へ引っ越すことになった、約3年後。
 
全然、大丈夫でした。(いまこうして生きているので)
まぁ、今から思えば改めて防腐剤?保存剤?の威力が分かりますね・・・・・。
 
あれから35年、その間には何度かバレンタインデーなるものの恩恵にあずかりましたが、
やっぱり、一番最初でしかも丸山先輩からのバレンタインデーは今も忘れられません。。。。。
 
追記 中学生のころは剣道部で2年生までスポーツ刈りだったのもあり、
丸山先輩からは「サル!」と呼ばれておりました。今から思えば、これも親しみのあったから
なのかも?と、今は勝手に思っている幸せな者です。。。。。

ページ移動